小学生が英検準1級に合格したいなら

小学生のうちに英検準1級を取得したいと考える児童や、受験させたいと願う親御さんは少なくないようです。
わたしのレッスンを受けている生徒の中にも数人います。

小学生で英検準1級を受けようと志す生徒は、もともと英語保育の幼稚園やインターナショナルなど小学校入学前に英語でのコミュニケーション量が多かった生徒です。
とくに勉強をしなくとも、英検3級までなら2次試験の面接を含め一発合格が可能です。

英検準2級以上の級になると、小学校入学後にどのように英語学習をしているかに左右されます。
英語に力を入れた小学校に通い、なおかつ生徒自身が積極的に英語学習をしている場合においては、準2級も2級も小学生のうちに合格が可能です。

英語に力を入れた小学校に通っていても、そうでない小学校に通っていても、生徒自身が英語学習をしていないと、準2級以上の合格は長い道のりとなります。

とくに勉強をせず3級まで一発合格してきた生徒の中には、「英検に合格するために勉強はしなくていい」と考えています。合格している受験者も勉強していないと考えている小学生もいます。驚きますよね。

また、英検に向けて宿題を出すのですが、ほんの少しの宿題の量でも「時間がない」ようで、してきません。
全く勉強をしないわけではなく、家庭で準備した過去問や、NHK語学番組など活用するのですが、問題をひと通り解いたことや番組を聞いたことで「勉強した気分」になって、間違えた問題のやり直しや、知らない単語の意味調べや、NHKで取り上げられたフレーズの文法学習などはしないので、過去問も英語番組も残念ながら次に活かすことはできません。

自己流勉強法に問題があるので宿題を出しているのですが、勉強法を変えないため、英検合格に時間がかかります。
「英検にこだわらなくても勉強していればいいじゃないか」と思うかもしれませんが、上で書いたとおり「勉強した気分」ですので、英検以外の実践の場でも活かせません。

英検準2級以上に挑戦する小学生に欠かせないのは、単語と熟語の学習です。
文法知識もまだまだ不足しているのですが(耳から学習したため)、それ以上に不足しているのが語彙です。

そこで当教室でここ数年力を入れているのが語彙導入のレッスンです。

小学校3年生以下では自宅学習も難しいかと思いますが、小学4年生以上であれば、英語用のノートに書いて練習することができます。
小学4年生からレッスンに通っている公立小学生の生徒たちも、毎回ノートに練習してきています。
また、年長さんの終わり頃から通っている4年生になった男の子も、これまで書く練習が嫌いでしたが、成長が見られ、きちんとノートに練習をしてきています。ちゃんと宿題をしているのに、「宿題忘れた〜」と言う子です。

去年秋から英検準1級を目標にレッスンに通い始めた小学5年生にも、準1級レベルの単語を品詞別(動詞、名詞、形容詞、副詞)に28単語ずつリスト化してプリントを渡し宿題にしています。
しかし中学受験のため塾にも通っているので、なかなか勉強時間が取れないようです。
単語を覚え込まないと合格は見込めませんので、レッスン時間は全て単語学習に割いています。
単語の勉強に限らず、英検に限らず、目標に向かって何かを達成するには、本人のやる気が何においても重要です。勉強時間をうまく減らそう、サボろう、この先生は嫌いだと考えている間は何も達成できないでしょう。

注意1* 小学生への英検準1級受験は生徒および保護者の希望です
注意2* 英語に力を入れている小学校とは福岡市内においては雙葉小学校GCコースのみです

Categories英検

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1

min
read

Begin typing your search above and press return to search. Press Esc to cancel.