「英検」カテゴリーアーカイブ

英検二次と大学受験結果パート2

英検二次は級によって日程が分かれていて、合否結果も1週間違うため、今週火曜日に3級を受験した小学1年生の合否結果が出ました。
面接練習の時から不安げで、ゆか先生の思う満足な練習はできなかったのですが、生徒のレベルにしては心配がるほど難しいものではありませんでした。

YUKA – You’ll say “may I come in” at the door, and the interviewer will say “okay” or “you may” so you enter the room.(ドアのところで「入ってもいいですか」って言ってね、面接官が「どうぞ」って言うだろうから、そしたら部屋に入るんだよ。)
Student – もしokayって言われんかったら?
YUKA – It depends on the interviewer, so if they didn’t, you just go in.(面接官にもよるから、もし言われなくても入ればいいんだよ。)

YUKA – May I have your name please?(お名前教えてください。)
Student – No!
YUKA – 😐……

YUKA – This is the third grade test. Okay?
Student – Nokay!
YUKA – 😐……

みたいな練習のオンパレードでした。
しかし英語で話しかけられていることは理解できているし、3級レベルの会話はまったく問題ありません。
そんなわけで、3級はバッチリ合格でした!


大学受験結果は、前回の生徒と同じ生徒のことです。
Twitterでもツイートしていましたが、早稲田大学の文化構想と政治経済学部と青山大学にも合格しました。通うことになるのは早稲田政経です。
先日生徒本人とお母様でご挨拶に来てくれました。

教室開講17年で、最初は小さな子たちの会話中心の教室としてレッスンをしていましたが、そのちびっ子たちも成長し、それこそ中学卒業とともに教室も卒業という流れでした(小学校卒業の生徒もいました)。中には高校生になっても通ってくれる生徒が増え、大学受験するなら2年生の夏ころで卒業という第2の流れがあり、2、3年前から高校終了まで通ってくれるようになりました。
それも推薦を受ける生徒がほとんどで、大学受験に向けた指導も片手で数える程度。

そして今回英作文が出題される受験問題で合格できたことは、ゆか先生のライティング指導にも自信がつきます。
大手予備校など通わず、ゆか先生のところで頑張って合格してくれたことが、ますます嬉しい😆

来年受験の子たちも頑張るぞ〜〜〜!

英検二次や大学受験の結果

今月に行われた英検二次A日程の結果や、大学受験の結果が出ています。

英検準1級の一次に合格していた高校3年生の女子生徒は、A日程の18日に二次試験を受け、今日結果が出ました。
二次も合格。一次は2回のチャレンジ、二次は1回のチャレンジで合格することができました。
彼女はこれから6月の留学に向け、ゆか先生のレッスンは今月いっぱいで卒業し、バイトや友達との時間や、もちろん英語の勉強も準備をしていくようです。

一方、東京で大学受験を頑張った男子生徒は、複数の私立大学を受け、合格発表を待っているところです。
第一志望としていた大学は望んだ結果が出なかったようですが、同レベルの大学に合格していて、春からどの大学に通うかご両親と考えているところではないでしょうか。

2人とも試験スタイルは異なれど、ライティング(英作文)で良い結果が出せたようです。
この2人のライティング指導から、今後のライティング指導をまた見直していきたいと思います。

英検二次B日程の結果は来月上旬です。ドキドキ、ドキドキ。。。😳

英検が終わり次は高校受験

2017年度第3回の英検は、

人数 学年
5級 1名 小学5年生
4級 0名
3級 2名 小学1年生/中学3年生
準2級 0名
2級 0名
準1級 2名 小学5年生/高校3年生
1級 0名

が受験しました。
5級を受けた5年生は英語を習い始めて2年になります。学校でも英語の授業は行われているようですが、英検のようなテスト問題を受けるのは始めてです。用意周到に勉強してきましたが、もしかしたら少し緊張をしていたかもしれません。
問題用紙に答えを書き写してくるようには言っていなかったので(そちらに気を取られてもいけないので)、来月上旬の合否結果が発表されるまでドキドキです。

3級を受けた小学1年生は、長文の練習と、ライティングの練習と、宿題が嫌いというトリプルパンチなので、今回はライティングで良い点が取れたら嬉しいです。
中学3年生は来年度、福岡県外の高校へ旅たつので、本人は受けたくないと言っていた3級に親御さんの希望もあり、受けることになりました。英語が苦手な生徒で、どうだったか聞いても「わからない」と苦笑いなので、合否結果までドキドキです。

準1級を受けた小学5年生は、語彙力不足なのが心配です。もともと小学生にとっては日本語でも難しい言葉を覚えないといけないので、かなりの勉強量が必要になりますが、家庭での勉強時間もあまり取れなかったようです。
高校3年生は単語力をつけようと、学校でも自宅でも単語帳で勉強をしていたようです。レッスンではリスニングの練習も少しだけしていましたが、難しかったようです。ライティングの点数で合否が左右されそうです。

すでに高校が決まっている3級を受けた生徒以外は、来月上旬に私立高校入試があり、3月には公立高校入試が待っています。