YUKA のすべての投稿

中学3年生と高校生のライティング指導中

第1回目のトピック”Tell about Yourself”に取り組む、中学3年生と高校3年生の2人。

高校3年生の生徒は、あまり自分のことを伝えることが好きではなく、ノート1ページの半分くらいの量は書いてほしかったのですが、半分にも満たない量くらいになってしまいました。
それでも大きく分けて、基本的な自分のこと(名前、年齢、学校など)、好きなこと(読書)、大学受験のことの3点が書けました。

下書き後、ゆか先生がチェックします。 続きを読む 中学3年生と高校生のライティング指導中

リーディング(読解)のチカラもつける!

音読と発声の練習とは別に、肝心の読解力を養うレッスンも継続中です。
小学生はなかなか読むのが嫌いで、ゆか先生が読めばそれを聴いて理解するのですが、テストなどではそういうわけにはいきません。自分で読んで理解しないといけません。

小学生の生徒は全員SPECTRUMシリーズを利用しています。

新2年生の男の子Spectrum Reading, Grade 1のアヒルさんの4コマシーンに分かれた短い物語で、読む練習をしています。
単語ももちろんですが、登場人物(登場アヒル)の気持ちを読み取る練習もします。国語でも同じことですね。

新6年生の男の子はアヒルの物語が終わり、ひとつの長めの物語に移り、読んだ後の筆記問題も追加されます。しかしここからの内容は主人公が女の子のため、物語に興味が持てないかもしれません。しばらくはこの物語で単語力、読解力、問題の取り組み方に慣れるための土台にしていきたいです。
単語などもずいぶん読めるようになり、ひとりでほとんど正しく読めるようになりましたが、意味のわからない単語もまだ多く、内容を理解できないところもあります。そこは日本語で理解します。「英語は英語で」が現在の英語教育のブームのようですが、ゆか先生のレッスンでは効率よく言語学習を進めます。

新5年生の女の子はその女の子が主人公の物語が終わり、アメリカの各州の読み物に入りました。
英検準2級は所持しているので、単語も内容も難しくはありませんが、準2級や2級の長文は内容が小学生にとって面白くなく、英検の長文の読み物を読ませても黙読だと読んだふりをして4択問題を適当に解答してしまうので、簡単な内容に戻って、読むことへの抵抗感をなくしていきたいと思っています。

新6年生の女の子Spectrum Reading, Grade 2の後半に入りました。Grade 1とは違ってシリーズではなく、1回きりか数回で終わる読み物になっています。
手紙文だったり、道徳的なお話、レシピ、花の育て方、動物の生態、天気など様々なテーマがあります。
すでに2級を取得していて、準1級を目指しているので、内容や単語は簡単ですが、上の子と同じく、英検の読み物になると読んでいないので、読むことの楽しさ、読むスピード、読解力を養っていきたいです。

SPECTRUMのテキストはアメリカ国内の小学生向けに作られたものです。日本ではリンクに貼ったアマゾンで買うことができますが、現在は取り扱いがないようです。アマゾン以外の出品者はいるようですが、アマゾン以外の出品者から購入の際は気をつけてください。(書籍以外のお買い物は特に。)

2018年度生徒募集折り込みチラシ

4月24日(火)に毎日新聞と西日本新聞に折り込みチラシが入る予定です。地域は薬院・平尾・六本松になるようです。

YUKA’s English Lessonは、たいへん小さな教室ですが、地道に細々と18年続けております。
開校当初は2歳児から70歳代の大人の方たちを対象としていましたが、現在は小学校5年生から高校3年生(+浪人生)を専門とした教室です。

チラシには載せていませんが、今年度から新たに小学3、4年生を対象とした、40分間のリスニング&スピーキングに重きを置いたクラスを開設します。
2020年の英語教育改革とよく耳にします。大手塾やスクールは低年齢層化する英語教育のため、慣れないリスニングとスピーキングを機械(CDなどの音源)に頼っています。しかしながら、スピーキングはCDを聞いて同じことをリピートすることで完結しており、それをスピーキングとは言えません。
3、4年生はまだ耳もよく、個人差はありますが柔軟性と好奇心が豊かな年齢です。当教室では、リスニングとスピーキングをコミュニケーションの道具と考え、相手が何と言うのか聞き取り、それに対して自分の言いたいことを考え自由に言えるようになることを目指します。

レッスン紹介ページはこちら → LESSONS

そして従来の小学5年生から高校3年生+浪人生を対象としたクラスは、リスニングとスピーキングはもちろん、リーディングとライティングにも力を入れます。
こちらは英検準1級以上を目指す生徒、海外留学を目指す生徒、大学受験で結果を出したい生徒など目標を持った生徒を対象としたクラスです。
目標は違っても、英語はひとつ。当教室のアプローチ法はひとつです。
学校の成績を上げたいだけの場合は、当教室は向きません。学習塾をオススメします。

レッスン開始前には面談と簡単なレベルチェックを行います。レッスン希望の方は、上のレッスン紹介ページにあるコンタクトフォームからご連絡ください。もちろんチラシに記載している電話番号やメールアドレスでも受け付けております。

発音と発声練習も定期的に!

せっかく英語を覚えて話せるようになっても、相手に伝わらない発音では意味がありません。
完璧な発音を必死に身につけるというわけではなく、訛りがあっても、相手に間違いなく伝わるところを目指しています。

 

発音はまず一音一音も大切ですが、ゆか先生のレッスンでは、発声の仕方にも注目していきたいと思っています。
フォニックスカードを使って音の出し方を学習しますが、それが文になるとまた違います。
例えば、母語の日本語でも何をしゃべっているのかよくわからない人がいますよね。口の中でモゴモゴしゃべる癖だったり、声が小さかったり、早口だったり。相手には伝わりません。
そういう癖のある生徒は、発声から見直します。

 

そのうちに生徒たちの音声もまたアップしたいと思います♪

定期的にライティング練習を!

昨年度の大学受験でライティングに成果が出たので、今年度はとくにライティング指導を定期的に継続していきたいと思っています。

 

ライティングのテーマで多くの生徒が苦手とするのが、自分のことについて書くとき。
年齢にかかわらず苦手のようです。
「何を書けばいいのかわからない」というのが理由のようで、福岡独特のことなのか日本の教育を受ける共通の結果なのかはわかりません。
幼い頃から英語保育で育ち、自己表現の好きな生徒は、何の苦もなく書き上げます。
就職するときに役立つかもよ〜と話しても、「そのときはそのとき」と考えているようで、人間今できないことは意識して練習していないと、何に関してでもですが、できないんですよね。

 

話は脱線しましたが、1回目のテーマは”Tell about Yourself”でしたが、次回からはピンポイントに絞った書きやすいテーマにして、続けていきたいと思います。