英語が好きで英語力の高い生徒も、英語がそんなに好きじゃなくて英語力がまだまだ伸び悩んでいる生徒も、それぞれのレベルで単語力、熟語力に苦労しています。

そこで今年から単語テストをほぼ毎回レッスン時に取り入れていくことにしました。
レベルは7つに分けていますが、現在のところレベル1から試験的に行っています。

レベルひとつにつき、7つの項目(品詞別)に分けていて、今は名詞のテストをしています。

  • 単語を見て声に出して読む
  • 単語を聞いて日本語で言う
  • 単語を書く(英語→日本語、日本語→英語、なぞなぞ)
  • 文を組み立て書く

英語を学ぶ時に日本語を介入するのはどうかという人もいますが、当教室ではこれまでの経験から、これがいちばんだと気付きこの形式を取り入れています。

レベル1の名詞は量が多く、5回に分けて上のテストを行う予定です。最後の「文を組み立て書く」テストだけは品詞ごとに1回だけ最後にしようと思います。
名詞には単数複数がありますので、文を組み立てるときに数にも注意して書く必要があります。数が変われば冠詞や動詞の形も変わるので、そこも理解できているか見ていきます。
合格すればレベル1の動詞へ。合格しなければレベル1のテストが続きます。

単語を書くテストで、「なぞなぞ」を紹介します。

英英辞典を引いたときに書かれているようなことですが、例えば「apple」という単語を書いて欲しい時、“It is a fruit. It is red. It grows on a tree. It is round.”というようなことを書いています。中学1,2年生の中にも自分で読めない生徒もいるので、ゆか先生が声に出して読みますが、質問は受け付けません。
レベル1のテストは5級レベルで、年長さんから中学2年生までが受けています。

来週2回目終了〜3回目突入。